手の爪を噛み続けていた男性がほどなくして死亡…その原因に衝撃を受ける…

Uncategorized

手の爪を噛み続けていた男性がほどなくして死亡…
その原因に衝撃を受ける…

たまに手の爪を噛んでる大人の人っていますよね。
今回はそんな手の爪を噛み続けていた男性が死亡したお話です。

 

手の爪を噛み続けていた男性

爪を噛むという癖は一種の自傷行為に分類されるそうです。

精神的なストレスや不安感などその症状の1つとして
「爪を噛む」という行為が現れることもあるのだとか。

イギリスのウイーガンという街に住んでいた
40歳になるジョン・ガーデナーさん。

ジョンさんは生まれて10ヶ月ほどの時に糖尿病の診断を受けて
1日に2回のインシュリンを打つという生活を送っていました。

糖尿病が原因で深刻な心臓疾患を抱えることになったジョンさん。

さらに2011年には糖尿病が原因で足に悪性の潰瘍が発生。
その結果、足の切断を余儀なくされました。

日頃から、爪を噛む癖があったというジョンさん。
このような事態が続いて、ますますエスカレートしたそう。

日増しにエスカレートするジョンさんの爪を噛む癖。
その結果、いくら激しく爪を噛んでも痛みすら感じなくなったそう。

そんなある日、ジョンさんは指先から激しい出血を起こしてしまい、
ジョンさんの指は化膿して感染症を起こしていました。

すぐに旺盛物質が投与されるも
結果、指を切断するしかないといった事態に。

手術をすると幼体も改善して成功したかに見えました。

ジョンさんは、40歳の誕生日を迎えた数日後に
心臓発作を起こして亡くなってしまいました。

死亡した原因

実はよくなったように見えていた指の感染症によって
この心臓発作が引き起こされていたのです。

ジョンさんの死は多くの人の衝撃を与えました。

彼の母親は

彼の死は家族にとって大きな衝撃でした。
彼を救うための方法が何か他にあったのではないかと今でも思います。
彼の大きな苦しみを抱えていました。
本当につらい人生を送っていたのだと思います。

と語っています。

爪を噛むという一見なにも問題がないような行為でも
そこには精神的なストレスや不安感などが潜んでいる場合があります。

なのでできるだけ早めに専門機関を受診することを勧めています。

ネットでの反応

・私も爪噛んでる。ちょっと気をつけよう

・爪を噛むってなにも問題ないと思ってた。行儀の問題かと・・。。。

・友達が噛んでる。話してみよう

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *