24時間テレビのマラソンはヤラセ?なぜいつもタイミングよく帰って来るのか…

Uncategorized

24時間テレビのマラソンはヤラセ
なぜいつもタイミングよく帰って来るのか…24時間テレビのマラソンはヤラセ
なぜいつもタイミングよく帰って来るのか…

100キロ越えの長い道のりですが、
師匠である林家こん平さんがリハビリをし
一人で歩いている姿に勇気をもらいスタートしました。

100.5キロは同局の長寿演芸番組「笑点」の司会を5月に勇退した
桂歌丸さんの本名の椎名巌(しいな・いわお)にかけた
「いわおゴー」にちなんでおり、笑点の放送開始50周年を
「いわおう」という語呂合わせにもなっているようだ。

なぜいつもタイミングよく帰って来るのか…

谷村新司さんと加山雄三さんの
「サライ」を聞きながらゴールするのが
24時間テレビのお決まりですよね。

今年の林家たい平さんのゴールもそうでした。

どんな距離を走っても男女年齢を問わず
だいたい同じような時間にゴールする24時間テレビ。
感動的なフィナーレを演出するために若干のヤラセは必要なのでしょうか?

ヤラセに関しては以前にも話題になっていました。
2ちゃんねる全体でお祭り騒ぎにもなったくらいです。

ヤラセ疑惑の影響でマラソンが監視されるようになって
西村知美が世界新記録出したりしてたようですし。

どうせ車でワープするからとも疑惑もあります。

24時間マラソンのヤラセ疑惑はなくならないのが現状ですね・・・
毎回同じような時間にゴールするという不思議はありますが
真相は闇の中です!

さらに、マラソン走者にも黒い噂もあります。

24時間マラソン走者の黒い噂

過去にはこんな疑惑・噂が出ていました。

■西村知美
100キロマラソンに挑戦した2002年、
午後6時すぎに『残り30キロ』だった表示が、
約1時間後には『残り10キロ』になっていました。

これが世界記録を上回るペースだったため、
ワープ疑惑が噴出。

■佐々木健介ファミリー
リレー形式で120kmを完走した
佐々木健介ファミリーにもゴール手前で問題が発生。

アンカーの北斗晶が3歩ほど進むと
残り表示が一気に610メートルも縮んでしまった

これに指摘が殺到したため、
番組内で映像の不手際を謝罪する一幕も見られた。

■森三中の大島美幸
88キロ走る予定だったが、
スタート地点とゴール地点を
Googleマップで検索すると48キロしかなかった

■24時間マラソンの奏者になるとテレビから消える?
過去に、にしきのあきら、研ナオコ、
アンガールズ、エド・はるみなどが挑戦。

一部では
「チャリティーマラソンに出ると数年後にテレビから消える」
との不穏なウワサも流れた。

最近は距離をごまかしちゃんと時間内ゴールしたり、
ワザと遅らせて後の番組に花を持たせたりあの手この手のようです。

いずれにしても頑張るところ間違えてるのかもしれませんね。

ネットでの反応

・結局マラソンって何のためにしてるの?
どうせならリアカーに募金集めながら走れよ

・競歩で50kmでしょ。大学生出して2~3時間に一回休憩入れても余裕でクリア出来そう。
お礼だけ渡して浮いた分チャリティーに使えばいいよ

・そろそろ出番です、お願いします
って言われてワゴンから降りてきてギリギリ間に合いましたって演技するんだろ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *