タンポンを股の間に入れた女性モデル…結果、片足を失うことに…

Uncategorized

2012年、モデルのローレン・ワッサーは
右足の膝から下を切断することになりました。

その原因となったのは生理用品のタンポン。
今回はあまり知られていないタンポンに潜む危険性を紹介します。

タンポンで足を切断したモデル

ロサンゼルスを拠点とする
モデル・女優のローレン・ワッサー。

しかし、2012年に彼女は
トキシックショック症候群(TSS)となりました。

ある日、ローレン・ワッサーは突然の体調不良に見舞われ、
急激に体温が41度にまで上昇し、
すぐに病院へと救急搬送されました。

その時彼女を担当した医師によれば、
病院に運び込まれるのがあと10分遅かったら彼女の命はなかったと言います。

そして、そこで「トキシックショック症候群(TSS)」との診断を受けました。

TSSは黄色ブドウ球菌が作り出す毒素が原因で発症する急性疾患で
ローレンの場合、一命は取り留めたものの
すでに体の複数の場所で血液の供給が低下することなどが原因で生じる
壊死を起こしていたため、右脚の膝から下を切断せざるをえなかったという。

しかしその後、ローレンは回復し、盛んな活動へと乗り出しました。

再びメディアに登場することに

2015年12月、この人生経験から数か月後、
ローレンは再びメディアに出ました。

足を失って以来初めて運動靴やスニーカーを着用したのです。

ローランのモデル写真の大半は義足ですが、
雑誌でこう述べています。

「giving me the opportunity to share a different side of beauty as well as create change within the fashion industry by going against the norm」

(私の異なる美しさを表現する機会が与えられ、
普通とは違うことでファッション業界に革命を起こす機会を得た)

ローレンがTSSを克服し、その広報に対して意欲的です。

しかし悲しいことに彼女の戦いはいまだに終わっていません。
ローレンは左足を失うことが予想される悲しいニュースを明らかにしました。

「私は毎日痛みを訴えています……
左足に開いた腫瘍、かかと、つま先はありません」

「数カ月以内に私は左足を切断するつもりです。その対処法はありません。
私にできることはこれが他人に起こらないようにすることです」

彼女はこれが他人に起こらないように
ローレン・ダニエルソン法として支持を得ています。

あまり知られていないタンポンの危険性

あまり知られていませんが、タンポンの使用説明書には必ず
黄色ブドウ球菌によるTSSになる可能性があることが記されています。

通常、黄色ブドウ球菌があっても健康上何も問題がない場合がほとんどですが、
稀にTSSの発症にいたることがあり、場合によっては
重篤な症状を引き起こす可能性もあるという。

主な原因として以下が挙げられます。

・清潔ではない手で感染箇所に触ってしまった

・8時間以上タンポンを利用してしまった。ナプキンは使わなかった。

・2つ以上のタンポンを同時に利用してしまった

・生理が終わってもタンポンを取り出さなかった

商品に添付されている説明書に従って使用することで
TSSの発症を軽減することができます。

TSSを発症してしまった場合

TSSの疑いがある場合、必ず医師の相談を受けてください。

また、タンポンを利用している場合は
それをすぐに取り除き、医師に伝えましょう。

イギリスでは年間40人程度の症例が確認されていますが、
TSSは毎年2,3人の死者も出てしまう病気です。

人によっては発症後、8日間も昏睡状態に陥った方もいました。

清潔感を保つことと、タンポンの使用方法をきちんと守ること。
また発症時は早い対処が求められるのでそちらを心がけてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *