【放送事故】『みなおか』の落とし穴で首が曲がる大事故!⇒視聴者から批判殺到!

Uncategorized

『とんねるずのみなさんのおかげでした』の落とし穴企画で、首が変な方向に曲がって落ちる危険なシーンが放送され視聴者から批判殺到!

落とし穴で首が変な方向に曲がる事故発生!?

フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気企画「全落ちシリーズ」。

2016年6月放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした2時間半SP』では「全落オーガスタ」として放送されました。

総勢10名の有名芸能人が落とし穴に落ちましたが、その中で一部の落ちるシーンが「危険だ!」との声が上がっています。

危険なシーン1:ダレノガレ明美

その一人がダレノガレ明美。

車のシートに座っているところに後ろに投げ出される形で落とされたのですが…。

頭から落ちて首が変な方向に曲がっている!?

危険なシーン2:吉村崇

もう一人は平成ノブシコブシの吉村崇。

ベンチに座った途端、後ろにひっくり返って落ちた吉村崇。

このシーンを観ていた視聴者からは「危険すぎる」との声が…。

「平成ノブシコブシ・吉村崇がベンチに座った際、それが後ろに倒れ、体が滑り台を通って池に投げ出されるというドッキリでのことです。すべり台は、池までの飛距離を伸ばすために先の構造が丸くなっていました。彼はそこへ逆さまの状態ですべり落ちてしまったため、後頭部から首の辺りを台に強く打ち付ける様子が放送されたのです。

これに対し視聴者からは『ヒヤっとした。首が危険すぎて笑えない』『今の下手したら半身不随になるぞ』『やすの事故を思い出した』と、企画の危険性を指摘する声が相次ぎました」

出典元:dailynewsonline.jp

「やすの事故」とは、お笑いコンビ・ずんのやすが『とんねるずのみなさんのおかげでした』の収録中、腰の骨を折る重傷を負った事故のことです。

長らく低視聴率が続き、遂に2018年3月をもって終了した『とんねるずのみなさんのおかげでした』

もはやこういう企画が喜ばれる時代ではなく、それが視聴率低下に繋がっていたのかもしれません。

ネットの声

・「まーた同じことやってるのか! 反省しないフジテレビ消えてなくなれ」

・「ネットがない時代は半身不随にしても視聴者にバレなかったんだろうな」

・「いつか大怪我すると思う。本当に危険。」

・「とんねるずの需要ある層がどこか分からん」

などの声が寄せられました。

過激にするしかなくなって、もはや時代に合わなくなってしまった感があります。

フジテレビ自体がオワコンになってますが…。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *