自閉症の子供が見ている世界…理解するのが難しい理由がわかる…

Uncategorized

自閉症の子供が見ている世界…
理解するのが難しい理由が分かる…

自閉症とは

コミュニケーションに困難が生じたり、
こだわりが強くなったりといった症状が出る「自閉症」。

発症率は100人に0.9人と意外にも多く、
またテレビ番組などでも特集されるなど認知度は広まっていますが、
馴染みのない人にはその実態が掴みにくいのではないでしょうか。

4月2日はそんな自閉症を世界中の人たちに理解してもらうための、
国連が定めた日「世界自閉症啓発デー」です。

そして、自閉症の子どもに見える世界を表現した動画が
英国自閉症協会によってYouTubeに投稿され注目を集めています。

ショッピングセンターに買い物にきた自閉症の男の子。
誰もが経験のある日常の風景は
彼の目にどのように映っているのでしょうか?

自閉症の子供が見ている世界

自閉症の子供たちがどんな風景を見ているのか気になりませんか?

自閉症と言ったらちょっと人とは違うとか、
変わっているとか思われています。

しかしそれは自閉症の子供たちが他の子供たちと
全く違う風景を見ていたからなのです。

自閉症の子供は音や光にとても敏感なので
こんな感じの世界が見えてしまうといいます。

怖い絵が自分を見てくる

指を動かして気を紛らわせています。

話題となった動画

いわゆる普通とは違った世界が自閉症の子供には見えています。

こういった風景があるから、あんな行動に出るのか・・
と理解していただけましたか?

これからは少しだけでも自閉症の子供に対する考え方が
変わってくれるといいなと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *