オリンピックで敵に塩を送った村主章枝さん…日本人であることを誇りに思える行動に賞賛の嵐…

Uncategorized

オリンピックで敵に塩を送った村主章枝さん…
日本人であることを誇りに思える行動に賞賛の嵐…

オリンピックで敵に塩を送った村主章枝さん

昔の戦国時代で上杉謙信が敵である武田信玄に塩を送りました。
敵対関係にある相手でも相手が苦しい立場にあるときには
助けてあげることを 「敵に塩を送る」というようになりました。

そして、舞台は2002年アメリカ・ソルトレイクシティで行われた
冬季オリンピックで「敵に塩を送った」日本人フィギュアスケーターがいました。

事の発端はその1年前にアメリカ・ニューヨークで起きた
同時多発テロに遡ります。

2001年以降アメリカの全空港で厳戒態勢が敷かれ
国際便、国内便を問わず厳重な身体検査・荷物検査が行われるようになりました。

そんな中アメリカのフィギュアスケート選手サーシャ・コーエンは
慣れない荷物検査の際、カバンの中身を全部出してチェックを受けた後、
そのまま一緒に入っていた競技用のタイツを空港に置き忘れてしまうという
取り返しのつかない失態を犯してしまいます。

その後、タイツが無いのに気づいたのは演技直前…

周りの選手にタイツを貸してくれないか頼んでみるものの
演技前に殺気立った雰囲気の舞台裏で
彼女に返事をしてくれる選手などいません。

どの選手も他人の心配をしている余裕などなかったのでしょう。

そんな中、ただ1人彼女の哀訴を快く聞き入れてくれた選手がいました。
その女性こそ女子フィギュアスケート日本代表の村主章枝選手だったのです。

もしかしたら競技に出られないかもしれないと狼狽していた
コーエン選手の危機を救った村主選手。

 

無事演技を終え、競技の結果が発表されます。
サーシャ・コーエン選手が4位、村主章枝選手が5位でした。

この話は美談として当時新聞などでも話題になりました。
そして後にテレビのトーク番組に出演した村主さんは
サーシャ・コーエンからタイツを返してもらっていないことに触れ、
「早く返してください」 と笑いながら語りました。

たとえ結果が一番の舞台でも苦しんでいる人を見たら
迷わず手を差し伸べ、 まさに「敵に塩を送った」村主さん。

この行動は日本人であることを誇りに感じさせてくれます。

現在韓国で行われている2018年平昌オリンピックでも
このようなスポーツマンシップを目にすることができるといいですね。

ネットでの反応

・コーエン?!にムッとしますが、
村主さんが人間的な資質は数段上です。

・村主さんの演技が大好きでした。
そんな方が、こんな素敵な行動ができるなんて、自分のことのように嬉しいです。

・ネット社会の今、順位より
こうしたエピソードが言い伝えられる方がずっと価値がある。

・これは当時、美談として伝えられていましたね。覚えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *