自分の乳がん写真をSNSに投稿した女性…乳がんの原因はしこりだけではなかった…

Uncategorized

自分の乳がん写真をSNSに投稿した女性…
乳がんの原因はしこりだけではなかった…

自分の乳がん写真をSNSに投稿した女性

毎年多くの人がかかる病気、がん。
その中でも女性が患うがんのトップは乳がんです。

日本人女性の乳がん罹患率は年々増加し、
日本人女性の12人に1人の割合で発症すると言われています。

35歳未満の若年性乳がんも割合は3%弱と少ないものの
患者数は増えてきています。

乳がんの増加に伴い、
乳がんによる死亡数も少しずつ増えています。

乳がんは侮れない病気ですが、
早期発見すれば治癒率が高い病気でもあります。

そのため、乳がんの初期症状を知り
定期的にセルフチェックすることが大切です。

乳がんのチェックポイントとして
しこりはよく知られていますが
しこりがなくても乳がんにかかって場合もあります。

その一人がオーストラリアの女性、
Kylie Armstrong(カイリー・アームストロング)さんです。

カイリーさんは多くの女性に乳がんのサインに気づいてほしいと
がんになった自らの乳房の写真を
Facebookに投稿して話題になりました。

しこりチェックだけでは見つけられない可能性も

彼女が見つけた異変とは「くぼみ」でした。
乳房に小さな「くぼみ」が出来ていることをふいに発見したのです。

そして、カイリーさんは多くの女性に「くぼみ」が
乳がんのサインだということを知らせるために
FACEBOOKに自らの写真を投稿しました。

「私のがんは早く発見できたので、良かったのです。
でも、あのくぼみを無視していたら、全く違う展開が待っていたでしょう」

「医師でさえも、くぼみが乳がんのサインだということに気がつきませんでした。
写真を投稿することで、誰か一人でも救うきっかけを作れたら、と思いました」

引用:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1077848462238072&set=a.659702570719332.1073741826.100000387859109&type=3&theater

これが多くの女性の反響を呼び
3万以上のいいね!が寄せられ、
12万以上の人にシェアされる結果となっています。

その他の乳がんセルフチェック方法

乳がんの60%以上はセルフチェック(自己検診)によって発見されています。

・乳房の変形や左右差がないか
・しこりがないか
・ひきつれがないか
・えくぼのようなへこみがないか
・ただれがないか
・出血や異常な分泌物がないか

また、乳がんの症状をレモンに例えて説明し、
乳がんのサインに気づいてもらおうと
レモンプロジェクトという啓蒙活動があります。

しこりやくぼみだけでなく、ただれや乳頭からの分泌物、
また乳房ではなくわきの下のしこりといった症状もあるんですね。

多くの女性がかかる乳がんの症状をよく理解して、
早期発見につなげたいものです。

これらの症状があれば必ず乳がんというわけではありませんが、
こんなサインを見つけたらぜひ病院で専門家に診てもらいましょう。

毎月定期的にセルフチェックすることで
自分の乳房の変化に気づくことができ、
それが乳がんの早期発見につながるそうです。

乳がんの半数以上はこのような
セルフチェックで見つけることができると言われています。

毎月の自己診断を忘れずに行いたいですね。

ネットでの反応

・若い方が進行も早いって言うしね

・怖いっ!乳がん多いしセルフチェック大事だよね!!

・しこりはなかったけどくぼみがあったんだ!
しこりばっかり気にしてたからこれからは注意して見てみよう

・これは気づきにくいよねー…
下とかだったら見えないし…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *