ヒートテックに潜む危険性…着ている方は気をつけて!

Uncategorized

寒くなってくると皆さんがこぞって着始めるヒートテック。
しかし、ヒートテックは実は危険な面も持ち合わせているそうです。

今回はそんなヒートテックの危険性を紹介します。

ヒートテックとは

寒き季節に重宝する発熱素材ヒートテックを使ったインナー。
使っている方は多いのではないでしょうか?

ヒートテックが発熱する仕組みは
身体から出る汗が水蒸気となってヒートテックの内側の
レーヨン素材にぶつかる時に熱が発生するものです。

さらに保温性が高いマイクロアクリルの層で
熱を逃がさない仕組みです。

しかし、これには危険性があるとネットで話題となっています。

ヒートテックは危険?

ヒートテック素材の危険性は2つあります。

1.肌が乾燥しやすくなる

レーヨン素材は吸水性が高すぎるため、
肌が乾燥しがちになるとのことです。

もし、着用時に乾燥肌で痒くなってくることがあれば
着用をやめてみましょう。

さらに、ヒートテックはほとんど化学素材で出来ているので
肌の弱い方は化学繊維でかぶれてしまったり
湿疹なんてことも起こってしまうようです。

2.逆に体温が下がる

もう1つ考えられる危険性が
レーヨンは吸水性が高すぎて大量に汗をかいた場合
すぐに飽和状態になり、乾くのが遅いため外気温によって冷え、
体温を低下させてしてしまう場合があること。

スポーツをする人や登山で
気温の低いところにいる人は使わないそうです。
通常での使用でも汗をかきすぎないように注意が必要になります。

体を温めるはずのヒートテックが
逆に温度を下げてしまうなんて驚きですね!

うまく使えば便利な素材のヒートテックにも
デメリットや使ってはいけないシチュエーションがあるので
うまく使い分けてくださいね!

ネットでの反応

・ヒートテックの危険性どころか、仕組みも知らずに着てたなー。

・危険かもしれないけど、冬の必需品だから今年も着る。

・ちょうど昨日ヒートテック買ったところww

・冬は毎年、全身ヒートテックに覆われてる。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *