深夜の帰り道、突然話しかけてきた見知らぬ中年女性…その真相に気付き膝から崩れ落ちた…

Uncategorized

深夜の帰り道、突然話しかけてきた見知らぬ中年女性…
その真相に気付き膝から崩れ落ちた…

女性の方は学校、会社が終わった後、どうやって家まで帰っていますか?
夜道をひとりで歩いていませんか?

 

「私は大丈夫~!」と思っていませんか?

私たちの想像以上に真っ暗な夜道には危険が潜んでいるのです…。
今回はそんな夜道をひとりで歩いていたある女性に起きた話です。

深夜の帰り道、突然話しかけてきた見知らぬ中年女性

私が住んでいる町は繁華街に近い街ではあるものの、
少し道を外れるといきなり人気が少なくなります。

街灯がポツポツとあるだけでお店もなく、深夜帯は一層静けさを増すので
飲食店でバイトをしている私は毎日少し怖いなと思いながらも帰宅するのが多かったのでした。

ある日、いつもどおりバイト後に帰路につく私。

すると突然後ろから、女性の「あーーーちょっとちょっと!」という
甲高い声とともに人が走る足音が聞こえてきました。

びっくりしたものの少し振り向いてみると、見た事のないご年配の女性が、私の顔を見ながら急いで走ってくるのです。

「久しぶりねー、元気してた!」
「ちょっと見ない間にまた大きくなっちゃって!」
「今日はお父さんお母さんいるの?急いで帰りましょう!」

何がなんだかわからない私。
見たこともなければ、一人暮らしなので話が全くかみ合いません。

「あの・・・」

人違いじゃ?と聞こうとするも年配の女性はお構いなしに
私の腕を掴みながら「いいから行くわよ行くわよ!」と
腕を引っ張って家と違う方面の大通り側へ向かわせるのでした。

突然話しかけてくる不審者のようなその中年女性と
意味がわからない状況に恐怖を感じる私。

そのままテンション高く知らない話をされながら歩き続け、
結局車通りの多い大通りまで出てしまいました。

もう何がなんだかわからず、涙目の私。

大通りに着くとご年配の女性は腕を引っ張りながら
「この辺なら大丈夫か」などと言っています。

取り乱して「なんなんですか!」と怒鳴ってしまう始末。

しかしその後、女性から出た言葉は私が全く予想もしていなかった言葉だったのです。

その真相に気付き膝から崩れ落ちた

「あなた、落ち着いて聞いてね」
「さっきね、ずっと変な男の人が、あなたの後ろをぴったりとつけて歩いていたの」

急に真面目なトーンで話される言葉に状況を飲み込めずにいる私。
そんな私に女性は続けて話します。

「手にね、見た事もないロープとか持ってた」
「コート着て帽子も深く被ってたし、わからないけど危ないと思ったから、声かけてこっちに連れてきたの」
「何か心あたりない?」

もちろん、心当たりなどありません。
しかし、自分が歩いていた人通りの少ない道で
そんな人が私の後ろをぴったりとつけてきていた…。

そう考えると急に恐怖が襲ってきて、強い寒気を感じました。

「もしできたらここからはタクシーで帰ったほうがいいよ」
「最近物騒な世の中だから、気をつけて」

不審者だと思っていた年配の女性は男性につけられている私の身の危険を感じて
危険を顧みず私を助けてくれたのです。

恐怖と感謝でいっぱいになり、泣きじゃくってしまいましたが、
その方に何度も心から「ありがとうございました」と伝え、
タクシーで自宅に帰りました。

その男性が、本当に私をつけていた人なのかはわかりません。
でも危険かもしれない人を前にして
わざわざ私を連れ出してくれた女性には今でも感謝でいっぱいです。

今は人通りの多い、落ち着いた街に住んでいます。

最悪な状況になる前に未然に防ごうとしてくれたご年配の女性。
助けられた女性は本当に感謝してもしつくせない思いになった事でしょう。

日本での被害

今回の話のようなケースは本当に稀ですよね。
実際のところ、被害者は力の弱い女性や子供に集中しているというのが現状です。

・被害の9割が女性!
・女性が被害者になる犯罪は2015年でなんと年間35万件ほど発生

おそらく警察に届け出てない人も沢山いることでしょう。
それらの件数を合わせると更に多くの被害が考えられます。

狙われやすい年齢層は10〜20代

強姦・強制わいせつ・痴漢の被害者は10〜20歳代の女性が80%。
若い時期から防犯意識を高めておくことが重要になってきます。

発生する時間帯は19時以降

19時を過ぎた頃から発生件数が急激に増えるそうです。

発生場所は通勤・通学経路

場所別発生状況が最も多いのは道路上ということです。
さらに犯人の多くは犯行場所に「土地勘があった」といいます。

当たり前の事のようですが、
改めて事実を確認すると急に恐ろしくなってくるものですね…。

気をつけたい4つのこと

1.夜道での”ながら歩き”は危険!

音楽を聴きながら…
携帯電話をいじりながら…
実はこの行為、本当に危険です!!

犯人は語っています!

2.深夜のコンビニには危険が潜んでいる

ちょっとおなか空いたな~なんて、
夜ふらっとコンビニに寄り道していませんか?

これ実は危険だったのです!

寄り道した先のコンビニから後をつけられた、というケースは意外に多いもの。
大した用事もないのに寄り道する女性は警戒心のなさが見透かされてしまっています。

つきまといや性犯罪者たちは深夜のコンビニを見張り、
寄り道する女性からターゲットを定めることが多いのだそうです。

3.やむを得ず歩く時は警戒心MAXで

どうしても一人で出かけるときは遠回りでも人通りのある広い道を選びましょう。
たまに後ろを振り返って変な人がいないか確認することも大事です。
飲み会の後は家族の迎えを呼ぶか、タクシーに頼る事も大切です。

また、防犯ブザーはかなり効果があるらしく、
実際に防犯ブザーを使用したことでかなり危険な状況から逃れることができたという実例もあるそうです。

ただ持っているだけでは意味がないので
何かあった時にすぐ使えるようにしておきましょう。

1人暮らしだとは気付かせない

犯人は語っています。

どうしても防ぐ事のできない場合もあるとは思いますが、
自分の行動次第で未然に防ぐ事も十分可能です。

「自分は大丈夫!」という全く根拠のない自信が本当は一番危険です。
犯人はその心の隙を見抜いてきます!

事件が起きてからでは取り返しのつかない事になりかねません。
特に女性の皆さんは用心し過ぎるにこした事はありません。

できる限り自分の身は自分で守りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *